《その1》

今日私は遅番で、売上の集計をして帰る番です。iMacを立ち上げたら、なななんと鈴木宗男がディスプレーいっぱいに広がってしまっているではないですか!!!!
オェ~、目があってしまった。

またまた、こんなことするのは社長しかいない。宗男のオーラを浴びて、社員がどうかなってしまってもいいのか!
こらドラ!

《その2》

今朝から社長は五十肩で、右手があがらずうなっていたので、薬を塗る手伝いをしてあげました。なんて優しいアベルちゃんなんでしょう!!!

社 「苦労をかけてすまないねぇ。」
ア 「なにいってんの! おとっつぁん。」
社 「母さんさえいてくれたら・・・。」
ア 「それはいっちゃいけない約束でしょ。」

さぁ! 仕事しょっと。