最近カラスの被害を多く受けていた。商品の受け取りエリアを「荷受け場」というが、届いた商品をカラスがつついて食べてしまうのだ。勿論、ひとがその場におれば問題はないが、早朝など運送会社がポンと商品を置いて行き、社員が出勤する僅かな時間を狙って悪さをするのだ。段ボール箱など何の防御にもならず、つついて破り、中の商品を食べようとする。全部食べられることは希だが、パッケージに少しでも傷付けられたら、もう売り物にはならない。カラスにも嗜好が有るのか、A社のレトルトミートボールにはしょうゆ味とケチヤップ味があるが、必ずしょうゆ味が狙われる。A社にそのことを報告すると「そうでしようねぇ。圧倒的にしょうゆ味の方が売れていますもの・・・。」恐るべしカラス!! 近い将来、商品開発にカラスの味覚を使うメーカーが現れるかも知れない。近頃では大胆にも、直ぐ側の電線にとどまって荷受け場から人がいなくなるタイミングを見計らっていると聞く。

以前、カラスが上手に遊んでいる現場を目撃した。毎朝、売上の預金と釣り銭の両替に銀行に行くが、ある日車を駐車場に止め歩いていると、廃業したウナギ屋の、逆U字型ステンレス製煙突にカラスがとまっていた。何気なく見ていると、煙突のてっぺんからカラスがツッッーと滑って行き、煙突がとぎれると羽ばたいてまたてっぺんに戻り、ツツツーを何度も繰り返していた。気がつくと、私の周りにはカラスショーを楽しむ観客が集まっていた。

ともあれ、カラスの被害は衛生上の面からも、何としても回避せねばならない。そこで登場したのが写真の「カラスの死骸」である。と言っても、三千世界の烏を殺し、主と朝寝を・・・。カラスは殺していない。良くできた作り物をネットで見つけたものである。カラスの頭の良さを逆手にとり、「あそこでは仲間がひどい目に遭い、しかもさらしに会っている。ここはやばい。しのぎの場所を変えよう。」と思わすために吊してみた。

効果は敵面! グレート! ビューティフル! 姿形だけでなく、体内に1500ガウスの磁石が埋め込まれ、忌避効果を高めているという。今度肩が凝ったら首に吊してみよう。

カラス被害でお困りの方は
https://www.yumeget.com/php/itemview_f.php3?ID=40117&user_ID=&work=itemview