(写真1)
(写真2)
(写真3)
(写真4)
(写真5)
● 作り方
今が旬の生のワタリガニの味噌と身を使った焼きそばに挑戦。ほんとは緑豆春雨か韓国春雨で作りたかったのだけど、茹でるのが面倒ちかったから川喜の焼きそば麺を使いました。材料は写真1。生きているワタリガニ1杯、にら1束、焼きそば麺2個、アミノ酸たっぷりな料理酒「黒酒」、「オカケンの鶏と豚のスープ」、四川原産の生唐辛子。ミニトマト、ベビーリーフ、サラダ水菜、塩豚はサラダ材料です。

「ウリャ!かかってこい」とはさみで威嚇する程元気なワタリガニも、奴らからするとゴジラのごとき巨大生物である私にとってみりゃ何のその、無慈悲にも外殻をはずされ手足をもがれて、あっという間に味噌をさらけ出したのであった。(写真2) さらに足や殻の中の筋肉はまな板と麺棒に挟まれて押し出される。見るも無惨なワタリガニの最後であった。南無・・・。

フライパンにサラダ油を入れ、唐辛子の刻んだ物を加えてから火をつける。油に唐辛子の香りと辛みが移った頃を見計らってカニの味噌と身を入れて弱火で暫く加熱。(写真3)それからにらも入れちゃおうね。(写真4)

焼きそばの麺は炒める前にオチンチンしておきましょう(弊社では電子レンジでの加熱を伝統的にこう表現する)ほぐれやすくなってらくちんです。黒酒50ccに水を同量加えて火にかけ、アルコールを飛ばしたものにオカケンスープを小さじ1杯溶いておきます。麺とスープをフライパンに入れて、強火で良く炒めます。水分が飛んだら完成です。(写真5)

これはこれでかなり旨かったけど、キッチンを使うと必ず総菜部無敵マダムズが自分達の分け前を要求する。今回も焼きそば麺2個のつもりが彼女達の権利を主張の前に4個の使用を余儀なくされてしまった。残念。

● 評価
無敵マダムズ
社長  (残念分-