● 作り方
何故か大阪っぽい、たこ焼きとかお好み焼き系の「こべこべ味」のものが食べたくなった。「こべこべ味」=「関西味」とよく言われるが、一般的関東人にとって「関西」の定義は広義には近畿であったり四国・山陽をも含んで連想されているように思われる。京阪神を関西だとする人も多いし、辞書などではそう定義付けられているが、実
のところ「京」は「阪」とも「神」とも一緒くたにして欲しくはないのである。私のように京都に居住する食品関係者にとっては関西とは限りなく大阪なのだ。だから私にとって「こべこべ味」=「大阪味」である。

用意したのは総菜部で出しているミンチカツとパパヤの「お好み・たこ焼きソース」。レタスとご飯である。ソースを蔵の素で溶き、メッシュの細かい鰹節粉をたっぷりと入れ弱火でミンチカツを煮込む。ご飯にソースをかけて刻みレタスをしいた上に煮込みミンチカツを乗せて完成。お好みでマヨネーズやカラシを用いる。堀さんに「どんな味?」 「う~ん。UFO食べてる見たいな味かな?」

大成功である。