12月16・17日と越後湯沢から蕎麦打ち名人中村正直さんをお招きして、地粉使用の実演販売をしていただきました。中村さんの蕎麦は香り高く腰があって旨いんですよ! おかげさまで用意していただいた分は全て完売。大勢のお客様に蕎麦が打ち上がるまで待っていただき、申し訳ありませんでした。そうは言っても私が手伝うわけにもね。

次回は2月6・7日に来ていただきます。おたのしみに! (写真右はカラスの様におこぼれを狙っているアベルです)

叔父が石川県大聖寺でお寺の住職をしています。お寺というのは正月の鏡餅を沢山供えるらしく、1個750g程のお下がりが7個も送られてきました。どういう事かといえば、鏡餅をあられに加工して送り返せという意味なのです。でも薄くスライスしてからでないと加工屋さんは受け取ってはくれません。それをするのは…わ・た・し。固くなった餅を切るのは、それはあなた大変なので御座います。結局約一時間掛けて5Kg以上を切って切って切りまくったのですが、おかげさまで肩といい腕といい、今日は膏薬だらけで痛みにこらえております。しかしながら役得と言うかピンハネと言うか当然あるものだし…。出来上がりが楽しみです(笑)