大分県国東半島から東へ6Kmに「姫島」という島があって、その島特産のひじきが面白い。ひじきと言えばやはり大分の佐伯にある山忠という会社の「米ひじき」が優秀で、他のメーカーのものより戻りが早く、しかも体積が大きくなる。総菜部で作るひじきの煮物はこれを使っている。

姫島のものは非常に細く長い。戻すのは約5分だけ。それ以上漬けておくと独特のしゃきしゃき歯触り感が失われてしまう。海藻は豚肉にとても合うので、油揚げが一般的だが今回はベーコンを使った。ベーコンを炒めた後戻した姫島ひじきを強火で炒めて、昆布と鰹の出汁にオカケンスープ少量加えたものを入れる。水分が無くなるまで炒めて出来上がり。ご飯が美味しい!