私の冬期のいでたちは、黒のコートに同じく黒皮のボルサリーノという、極めて怪しい雰囲気を漂わせている。このコートは7~8年も前、八重洲の地下街で買ったものだが、既に袖口はすり切れ、色は褪せ、よく見るとシミや汚れで非常にみっともない。とても気に入っていたコートなのだが、泣く泣く廃棄しかけたが、思いついた。同じデザインと寸法で作っちゃえばいいのだ。

で、昨日オーダーメイドのナッパコートが届いたのである。当然ナッパは菜っ葉ではない。Nappa=シープスキンなのだ。軽く、赤子の肌のように柔らかい。これで長年に渡り培ってきた怪しい雰囲気継続決定! めちゃくちゃうれしい。

さて、肝心のお値段ですが…(テレビショッビング風に)たったの53万!!!!!!

ウォンでね。