● 作り方
長崎の松庫(まつくら)商店の生からすみ。酒の肴やご飯にぴったりなのだが、今回はパスタに挑戦。使ったパスタはトスカーナのマルテッリ。ディーノとマリオのマルテッリ兄弟とその家族で伝統製法で作られている。チップは勿論ブロンズ。約50時間かけて低温で乾燥させている。

生からすみは、オリーブオイルで麺に絡みやすい程度に延ばす。フライパンにニンニクと唐辛子を入れ、オリーブオイルに香りを移しておく。茹で上がったパスタを軽く炒め、生からすみを混ぜて完成。

地中海地方にもからすみが食されていて、イタリアではボッタルガという。ボッタルガを使ったパスタ料理はそう特別なものではなく、私も何度も作ったが、粉状にされたボッタルガを使っていた。

一人前80gの検討で麺を茹でたのだが、あまりも旨いのでもっと食べたい!とちょっぴり不満。独特の唐墨の旨みと香り、粉状ボッタルガでは出来ない柔らかつぶつぶ感。たらこスパゲティのからすみバージョンと言うところでした。