セリナは金沢市直江町で40年以上営業しておられる老舗レストラン。フレンドフーズではこのお店オリジナルの生ドレッングとトンカツソースを販売させて頂いている。
 

シェフの坂口さんの経歴が凄い。

 18歳で料理の世界に入り約10年の間で都ホテル、レストランアラスカ、レストラン美濃里など取締役兼調理部責任者として引き抜かれるなどその頭角を現す。 その後洋食屋として夫婦で開業し35年。
「世界料理アカデミー金賞」「西洋料理専門調理師認定」「厚生労働大臣表彰」「金沢市料理名工」「醤油名匠」など各種免許、表彰を受ける。
・社団法人全日本司厨士協会石川県本部会長
・社団法人石川県調理師会理事長を歴任
・1996年世界料理オリンピックナショナルチーム運営委員長
・ネクストフーズ石川2007 設計技術アドバイザーチーフを務める
・2008年金沢大学イノベーション創成センター  ビジネスクリエイト道場にて講師を務める
・金沢食文化名工会理事

だから、このドレッシングは、醤油のもつ本来の価値を引き出すしょうゆ使いの匠がつくったドレッシングなのだ。厳選素材を使用し手づくりで、加熱処理をしていない香り高い純和風の生醤油ドレッシングで添加物を一切加えていない。野菜にかけて口に入れると、やさしさとなめらかさに驚くはず。

取材で来たのに次々に料理を出して頂く。コーンポタージュはトウモロコシを潰して丹念に裏ごしした事を伺わせる懐かしく易しい味だ。

セリナオリジナル、バターたっぷりの生地に、加賀野菜?打木赤皮甘栗かぼちゃを練り込んだ香り高いパン。

ヒレカツの下のは またもやオリジナルのトンカツソース。ベストマッチングやね!

こちらはセリナ自慢のハヤシライス。

私の家業は30年程前まで当時では珍しいオープンキッチンのレストランをしていたのだが、店内には常にドミグラスソースを炊く匂いが溢れていた。それと同じ匂いのするハヤシライスは実に嬉しい。

ポークジンジャーも絶妙な火の使い具合。キャベツに生ドレッシングをたっぷり掛けて頂きました。
確かな技術と豊かな経験ならばこその海老フライ。こんな単純な料理程違いが出るなんてことを感じさせる海老フライでした。

昨今は面倒な事はアウトソーシングするか出来合いのものを使う店が多い中、下ごしらえに十分な時間を使い、機会に頼らず、丹念にソースる。添加物は使わない。全て手作業な貴重な洋食屋さんです。値段もリーズナブル!

坂口シェフと奥様にお見送りして頂きました。

【レストラン セリナ】
住所      石川県金沢市直江町イ3-1
TEL            076-237-7770
営業時間  平日11:00~21:30  日祝11:00~21:00
定休日   月曜日