創業天保元年、加賀百万石前田家にも出入りを許された、金沢石曳の大鋸本店の堅豆腐を使った麻婆豆腐を作る。
この石曵のあたりは昔から水が良く、豆腐屋や酒蔵の多かった所だ。つるんつるんの麻婆豆腐も好いけど、藁縄でくくって持ち運びが出来る程弾力の有る豆腐もまたよい。

肉は牛。ミンチにはせず包丁で叩いて細かくする。

甜麺醤大さじ1・豆板醤今日はおおまけで大さじ2・刻んだ豆豉大さじ1/2

そして、これが重要なのだがフレンドフーズオリジナルの「鶏と豚の基本スープ

すごくバランスがよく、練りスープにありがちな嫌な匂いがほとんど無い。一人前約5gの目安で使ってね。当店総菜部でも重宝しています。
このスープと豆板醤などと予めスープを作っておく。肉を良く炒めさいころに切った豆腐を投入。スープを加えてよく煮る。

最後に刻みネギと完熟赤山椒をホールで入れる。これがめちゃくちゃ効くんですなぁ。
麻婆豆腐丼はやっぱり旨いわ。

千葉の超グルメご夫婦が攻撃を仕掛けて来た。
「月下美人」の花って食べた事有る♡

月下美人って夜だけ咲いて朝萎んでしまう幽霊みたいな花でしょ?
茎の部分は堅くて食べられそうも無いので、はなを指先で裂いて、さっと茹でておひたしにして塩ポン酢でいただいた。

その前に、茹でてざるに移して揉んだ所、透明なぬるぬるぬるが出て来て止まらない。なんじゃこれは???
とっさに思いついたのは「牛のよだれ」。
微妙なシャキシャキ感とほのかな上品な香り、何よりもあのぬるぬる! 思わず笑ってしまいました。
有り難う御座います。不毛な戦いはつづく・・・。