【ワシントン時事】米食品医薬品局(FDA)は、摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが 高まるとされるトランス脂肪酸について、「安全とは認められない」として、食品に用いることを 原則禁止する規制案を提示した。60日の意見聴取期間と、業界が順守策を講じるために 必要な猶予期間を経て、施行する。
FDAのハンバーグ局長は「トランス脂肪酸の摂取量は依然、公衆衛生上の重大な懸念を 招く水準だ」と指摘。規制により、年間2万人の心筋梗塞患者の発生を阻止し、心臓疾患に よる死者数も7000人減らせると強調した。
フレンドフーズではマーガリンやショートニングは販売していません!

http://www.friendfood.jp/menu/oshirase.htm