「神戸ワインマスタード」

全て国産原材料を使い、マスタードとの種子を特殊な製法により神戸ワインの中で熟成。その中に閉じ込められた芳醇な風味が口の中に広がる逸品。95g入り650円は恐らく世界一高価なマスタードだろう。

このマスタードと同量のマヨネーズと少量のオイスターエキスを用意し、

混ぜるとこんなふう。

アボガドをカットしておく。

アボガドの外見や色からは、少し若いかと思ったのだが全く大丈夫。アボガドにもランクが有って、1個100円前後で売られているものは失敗が多く、若いものはガリガリだし、追熟が進みすぎると実が崩れてしまって旨さが無くなる。

食パンをトーストしソースを塗り、!

ボンレスハムの上にアボガドを乗せて出来上がり!

やはりこのマスタードは旨いわ。プチプチした歯ごたえと上品な香り。こんな事言うと叱られるかも知れないが、「マイユ」のマスタードは
マスタードという調味料そのものを貶めているんじゃないだろうか。