5月13日(月)
台北では、博物館・美術館等は殆ど月曜日が休館日である。ところが台北動物園は開園しているので行って見ることに。ただし展望台に登るロープウェイは点検日で動いていない。
ホテルでたっぷり朝食を取る。

このホテルの朝食はビュッフェ形式で、圓山大飯店には到底かなうはずは無いが、それでも結構な種類の料理があり、中華・洋食中心だが、特にフルーツが豊富で旨い。写真中心のオムレツはコックがその場で作ってくれるので人気。

前日にT君から動物園までのアクセスを教えてもらっていたので、タクシーでMRT文湖線の最寄り駅に行き

終点「動物園」下車すればすぐに動物園の広場に出る。


入場料は大人240円程。入り口で係員が入場券にスタンプを押したあと、いきなり券の端っこをちぎった。日本ならチケットにミシン目を入れ、綺麗に半券をちぎれるようにするのだが、お国柄か。

平日の午前中、しかも雨季ともあり入場者はまばら。

入り口近くの壁に動物のう◯このオブジェがあった。

シマウマのう◯こにはシマがあるのか? 蛇のう◯こにはウロコがあるのか? とのツッコミはさておき、こういう志向は韓国特有かと思ったのだか・・・。
こんなのに悪乗りする我が愚妻。

これがホントの糞ばばあ。

まずは無尾熊館へ。

木の上に向こうを向いてじっとしていたコアラだが、暫くするとするすると降りてきて、葉の影に入ってしまった。ちゃんと見れたのは一瞬だけ。

園内を巡る鉄道も月曜日は運休。

この動物園のウリはコアラ・パンダ・タンチョウなんだけど、パンダは餌が欲しいのかウロウロ歩きまわっていた。

なかなか可愛いヤツだが、観客は私達と台湾の子供連れ二組だけで、日本のパンダ事情を思うとなんだか拍子抜けの気分。

タンチョウは木陰に引っ込んでおり、お目もじいただけませんでした。
その他の動物園によくいる動物は、先日姫路セントラルパークに行ったせいか正直言ってショボイ。

面白かったのはアフリカゾウの豪快な立ちション。

優に20秒は続き、ゆっくり見物させてもらった。

流石に亜熱帯の国だけあって爬虫類は充実。

でも、噛まれたら百歩歩かないうちに死んでしまうという「百歩蛇」は岩陰に隠れており見られなかったのは凄く残念。怖そう

広い敷地には各所に可愛いオブジェがあり、子供が座ったり触ったり出来る。

また水棲動物が半身を水上に出しているオブジェも面白い。

シマウマのオブジェに子供を載せて遊んでいた。
嫌がる家内を、さすが元馬術部の私、無理やり力づくで騎乗させたら隣の子供が泣いた。

糞ババアGJ!

広すぎる園内の全部はとても回れず、土産物屋を併設型のカフェで一休み。
店内はパンダ一色。

このエプロン買ってくればよかった。

ここでも飲み物はすべてスーパーラージサイズで、私の頼んだホットコーヒーなんて「バケツで持って来るんじゃねぇ!」と言いたくなるようなもの。片手でもてないだろ?

このあと動物園をあとにしてSOGOでうどんを食べる。値段に値する味だととても言えないが、ほっこりさせてもらったのは事実で、オネムになった私はホテルに帰って寝る!と駄々をこね、タクシーでホテルへ。コンビニで酒を買い、すぐに寝ちゃいました。

パワフルな後の3人は、師範大学近くの手作りアクセサリーのお店に行ったようで、その様子は私には分からない。家内が帰国後Tくんに宛てたお礼のメールを引用します。


結局、その日の午後は、私がTくんに話していた「喜喜」のシルバーアクセサリーを求めて師大夜市の近くに行きました。
「元銀手作」という小さなお店でしたが、上手にみつけることができました。
とっても素敵なお店で、奥に小さな工房があり、作っているところも見ることができます。

何より、お店の店員さん(若い女性)が、片言の日本語を一生懸命使って、素晴らしい笑顔で接客して下さったことが印象的でした。

彼女が言うには、何と、京都で4か月間日本語の勉強をしたことがあるとのことでした。そこで、また京都の話で少し盛り上がりました。
そして、その「喜喜」double hapiness のペンダントや、「吉」のペンダントや、携帯のストラップなどを買いました。

おばあちゃんや北川くんも、すごく気に入って、お土産にたくさん買っていました。

店員さんの笑顔の接客で、double hapiness だけではなく、a lot of hapiness を得て、ホテルに戻りました。



還暦当日のディナー。
いつの間にか「還暦Tシャツ」が用意されており、着ろという。

恥ずかしいから嫌だと拒否すると、袖を通して見るだけでもと言われ渋々着てみる。

あれっ? かっこいいんじゃない? 麻のジャケットにもよく合うし。と言うことでまんまとたぶらかされてしまった。

先ずはワインで乾杯~! 還暦おめでとうございま~す? ありあとござ~す!

昨年オーダーしすぎて、死ぬほど食べて苦しんだ経験から「とりあえず」一人一品頼もうか。
ということで、春巻き・海老餃子・アオリイカの天ぷら・海鮮焼きそば・牛肉のXO醤炒めと無難なところを注文。


この後の酒盛りのせいでそれぞれの味なんてよく覚えていません。

食事をしていると、T君から台中銘菓「台中太陽餅」が「還暦おめでとうございますの」手紙付きで届いて感動!!!!! そういうヤツなんだよ。

もうちょっとで泣くとこだった。

それに対してレストランからは、「バースデーのサービスです」ってテーブルに投げるように置いていった大根餅の小皿。
そうですか。美味しくいただきましたよ。冷めてたけど。心も冷めた。結局追加注文なしでお開きに。

今回一番豪華絢爛なK君の部屋(リビング+寝室+テレビ2台+もう一個バスタブが置けるんじゃないかという程広いバスルーム)に集まり酒盛り。

先ずコッソリ買っておいた金門高粱酒58度をみんなで試飲。

この酒を含んでタバコに火を付ければ引火するという(嘘です)。
「こんなもん人間の飲むもんやない(怒)」と嫁に流しに捨てられた。高かったのに(涙)。
仕方ないので京都から持参した甑島の焼酎「六代目百合」で盛り上がりました。