諸般の事情により、長く日記を更新出来ず、多くの方々にご心配をおかけしてしまった事をお詫び致します。

   薫紫(かおるむらさき)

薫紫とは、兵庫県たつの市の末廣醤油が作る「スモーク醤油」のことである。液体を如何にして燻製するのか疑問であったが、同社社長の末廣拓也氏の説明では、煙を充満させたスモークハウス内で上から醤油をスプレーし、下の容器で回収するのだという。それを何度か繰り返す。何とも手間がかかる仕事で、ご苦労様としか言い様がない。

この薫紫を初めて舐めた時、肉肉肉~!肉が食いてぇ~!と叫んだ。
で、昨夜行きつけの居酒屋でそこのママと色々試してみた。豆腐、ズッキーニ、くじら刺身、餅、ステーキ・・・。
野菜単体では今ひとつ。やはりくじらとステーキは抜群の相性。豆腐と餅は意外にもめちゃくちゃ旨い。
冬季事務所の囲炉裏で焼くお餅まかないの必須品になるだろう。

ということで、今日の賄いはチキンのグリル。

もも肉を塩コショウしてフライパンで焼いただけだが、食べる直前に薫紫を流し掛ければ、何ともスモーキーな香りが・・・。ただのチキングリルが上質なチキンハムの様に変身した。