鶏肉は軽く塩こしょうし黒酒をスプレーし、暫くおいた後にごま油とおろし生姜を加えて片栗粉をまぶして揚げておく。
万願寺とうがらし、生きくらげ、タケノコ、人参をごま油で強火で炒め、鶏肉を加える。
「鶏と豚の基本スープ」5gとオイスターソース適当に黒酒適当をお湯で延ばしたスープを加えて一煮立ちさせ、水溶き片栗粉とおろし生姜でとろみを付けて出来上がり。
めちゃくちゃ香りがよく美味しい旨煮が出来ました。

この生キクラゲは天草市有明町の「あゆみきのこ」のもの。

これまでも生キクラゲは有ったが、すぐに表面が結露して悪臭が発生し日持ちが悪かった。
「あゆみきのこ」のキクラゲはそれが無く、品質も一定している。茹でてポン酢だけで食べてもすこぶる旨い!