先日、社員達と焼き鳥屋で飲んでたら、精肉部の部長が「マイ包丁があったらモチベーション上がるかも。」なんて話だし、酔った勢いで
「よっしゃ買うたる。おんなじ買うなら有次や!」って言ってしまった。

「有次」は西の有次、東の正木と言われる創業450余年の包丁の老舗。
下鴨店・宇多野店の鮮魚部精肉部合わせて全部で14本。
それぞれし白木の鞘を付け、

名前を入れてもらった。

勿論私のポケットマネー。暫くは小遣いはおろか生活費までも倹約の日々が続く。