2001年1月1日 我が社のビジョン

今日から21世紀。年頭に当たり従業員に会社のビジョンを伝達しました。目標に向かって、みんな今世紀も頑張っていこうね! 従業員各位 年頭に当たり当社の基本的考え方 フレンドフーズ(有)代表取締役 藤田 勝 不況とはお客様が […]

2001年1月1日 現代玉子の基礎知識 その2  有精卵と機能性玉子

有精卵とは不思議な玉子です。玉子には本来受精卵と無精卵しか無いはずなのに、なんなんでしょうね。受精そのものは顕微鏡サイズの事なので受精卵が味がいいとか栄養価が高いなんてことはいさかさの影響を与えるものではありません。 有 […]

2001年1月3日 無農薬野菜について その1

フレンドフーズではあえて「有機栽培・無農薬野菜」のコーナーを設けておりません。それは、現時点では農薬は必要だと思うからです。(こんな事書くと商売にひびくかな?) 日本の伝統的な農業が、戦後から今まで化学肥料の大量投入で途 […]

2001年1月4日 有機栽培の基礎知識

消費者の方は「有機栽培」に関してどれだけご存じ何でしよう?多分殆ど知識がないと思います。よく「00有機肥料」と言いますよね。でもあれって少しおかしいと思います。 植物は有機物を直接肥料として吸えません。窒素・リン酸・カリ […]

2001年1月5日 化学肥料に関して

化学肥料の使用ですが、私は悪いことでは無いと思っています。(また商売にひびくかな?) 化学肥料はピュアなもので、使う量とタイミングを正確に知っていれば農家にとって非常に便利な物です。 人間には米の一粒さえ作れません。クロ […]

2001年1月6日 窒素の話

植物の乾物の96%がC=炭素(45%)、O=酸素(45%)、H= 水素(6%)で、残りの4% に多くの微量元素が含まれる。その4%の中で最も大事なのが窒素です。 植物は水と空気と無機元素からブドウ糖をはじめとする有機物を […]

2001年1月7日 米酢のおはなし その1

皆様の多くは酢が何からどうして作られているのかご存じないと思います。アルコールを酢酸菌という微生物が食べてクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、グリコン酸、酒石酸、酢酸等の有機酸をはきだしたものが酢です。ですから酢は、人類 […]

2001年1月8日 米酢のおはなし その2

何年か前、NHKの番組「ためしてガッテン」で伝統的壺仕込み製法で知られる鹿児島の黒酢が取り上げられ、しかも再放送・再々放送されて黒酢ブームが全国的にまきおこり、品不足となって当店でも「坂元のくろず」は入荷が遅れがちになり […]

2001年1月9日 おいしいものをおいしく食べるすすめ  「暮らしの手帳」より NO1

「暮らしの手帳」1999年8・9月号に「食べ物信仰はやめましょう」おいしいものをおいしく食べるすすめという記事が有りました。大変共感出来る内容だったので長文ですが紹介いたします。 はじめに お節介かもしれませんが、私たち […]

2001年1月10日 おいしいものをおいしく食べるすすめ  「暮らしの手帳」より NO2

(NO1よりつづき) 2   からだにわるいとけなされているものは、本当に体に悪いのか・・・酸性食品や砂糖など「もし今でもアルカリ性食品は体にいいなどという人が居たら、彼の言うことは、すべてデタラメとおもっていいです」と […]

2001年1月11日 おいしいものをおいしく食べるすすめ  「暮らしの手帳」より NO3

(NO2よりつづき)3 いかにも体によさそうな売り方をしている商品は本当に体にいいのだろうか・・・。たとえばコラーゲン飲料について 食品の安全性は増した、とはいえ、私たちはまだ安心するわけにはいきません。そのいい例が「コ […]

2001年1月13日 まかない

時々従業員の「まかない」をします。だいたいサンプルやロスの材料を使って作るのですが、一人300円貰って生活費にしています。これまで30回くらいまかないをしましたがリクエストのあったものをのぞき、総て同じ料理は出していませ […]

2001年1月14日 前嶋屋さんのお話

静岡県引佐郡(いなさぐん)にある「まんぽう峠」の前嶋屋さんは、私の知る限り日本で一番立地条件の悪いお店です。浜松西インターから車で小一時間。スーパーなどの第一次商圏は半径500メートルと言われていますが、前嶋やさんの半径 […]

2001年1月15日 ホーレス・ケプロン HoraceCapron

北大のクラーク博士は「青年よ大志をいだけ」の言葉で、誰でも知っている人ですが、今私たちが食べている果物の殆どは、ホーレス・ケプロンというアメリカ人によって日本に持ってこられました。 ケプロンはマサチューセッツの豪農の家に […]

2001年1月16日 請求書

今日から、月の内で私の最も忙しい日が四日間ほど続きます。請求書との格闘が始まるのです。数えてみたら、取引先の数が580を越えていました。常に請求の上がる取引先は約400ですが、12月締は特殊な商品が多いので請求書も増えて […]

2001年1月17日 リンゴの話

サンフジ、サンツガル、サンムツなど、名前にサンが付いているものと、付いていないリンゴがありますね。今日はその違いを・・・。 リンゴの原産地は低温低湿な環境のコーサカス地方から中国天山山脈にかけてが原産地と推定される植物で […]

2001年1月18日 塩の話 その1

私は熱心なクリスチャンでは決してありません。でも10年もキリスト教関係の学校に通うと多少でも影響を受けるものですね。聖書の中で一番好き、というか気に入っているのが、マタイによる福音書5章13節からの「あなた方は地の塩であ […]

2001年1月19日 牛乳の話 その1

よく欧米からの帰国子女の方が、「日本の牛乳はまずくて飲めないので困っている」とのお話をききます。日本の牛乳の95パーセントは日本式高温殺菌牛乳で、120度2秒で殺菌しています。 牛乳に関しての法律に厚生省の乳及び乳製品の […]

2001年1月20日 牛乳の話 その2

なぜ日本式超高温殺菌が導入されたのか、そのきっかけは森永砒素ミルク事件でした。1955年に森永乳業の赤ちゃん用粉ミルクに砒素が高い濃度で混入し、厚生省が発表しただけでも12000人が砒素中毒になり、内130人が死亡したと […]

2001年1月21日 塩の話 その2

「塩業近代化臨時措置法」が作られたのは、工業化・近代化の波に乗った産業界からの要求、つまりコストダウン=大量生産と純粋な塩化ナトリウムへの要求でした。塩化ナトリウムだけを「塩」とすることが、国民の健康・生命に多大な影響を […]

2001年1月22日 ちょっと一息・・・

今日、気が付いたら上から下まで全部ユニクロを着ていました。一昨年ダイエットに成功したのはいいけど、それまでの衣類が着れなくなり、全部買い換え。それまでファッションなんてまるで興味がなく、息子に「お父さんらは5000円以上 […]

2001年1月23日 傳右衛門の話

知多半島武豊町の溜・味噌の蔵元「伊藤商店」に初めて訪れたとき、そこで出会ったのは魔物にとりつかれた三人の人。「本物のたまり造り」という魔物に・・・ 味噌の原点は豆味噌です。その豆味噌を仕込み、熟成させる間に木桶に溜まった […]

2001年1月24日 ねぎのお話

植物を栽培するとき、最も心がけねばならないのは、その植物の原産地の気候・風土です。例えば、中南米の砂漠原産のサボテンは、高温低湿の環境で生まれたものだから水をやりすぎると腐ってしまうし、東南アジア原産の稲は乾燥にひどく弱 […]

2001年1月25日 諫早湾の海苔全滅

海苔の大産地である諫早湾で養殖の海苔がほぼ全滅し、干拓のための堰のため海中の微生物バランスが崩れたことが原因か、といわれています。また、大好きなタイラギもとれなくなったらしく、あんな旨いものが食べられなくなるのは絶対ゆる […]

2001年1月26日 アベルの社長観察日記

フレンドフーズのワイン担当アベルです。アベルと言うのは鹿児島のアベル サクラ アリミズという黒豚の名前なんです。入社してすぐに社長につけられたニックネームで、ほんと失礼ですよね。 私の名刺には「田中 アベル 博海」と書い […]

2001年1月27日 菠薐草のお話

菠薐草もこの時期美味しい野菜で、秋から早春にかけては、夏場のものと比べると栄養価も二倍含みます。ビタミンA・Cや鉄分がたっぷりで、ビタミンEまで含んでいます。 菠薐草の原産地は菠薐。中国語でペルシャを法蓮と呼び、菠薐草も […]

2001年1月28日 大好きなお店 平翠軒のお話

倉敷市美観地区にある平翠軒さんは、食のおもちゃ箱のようなお店です。ご主人の森田さんは造り酒屋の社長でもあります。その森田さんが道楽(失礼)で始めたようにも思えます。全国から集めた美味しい物が所狭しと並んでいます。酒屋さん […]

2001年1月29日 私の趣味 木工工作

以前、お店の改装の時、柱などの木材の切れ端が出て、大工さん達がたき火にしていたのを何かに使えないかと考え、模型の車を作り始めたのが最初です。その後、電動のバンドソウ、サンダー、ボール盤、ジクソーと道具をそろえ、深みにはま […]

2001年1月30日 蘇生のお話

うちの息子が生まれたとき、仮死状態で生まれてきたと後から聞かされました。無事退院し、支払いを済ませると、内訳に「蘇生料5000円」と書いてありました。この5000円は値打ちあるわ!。 菜っぱ類を市場から仕入ると、必ず「蘇 […]

2001年1月31日 万引きの話

昨夜、あるスーパーでおばちゃんの私服警備員と隠しカメラで、万引きを捕まえる模様をテレビニュースでやっていました。もともと粗利率が少ない食品業界で、万引きによる被害は経営を圧迫し、死活問題ともいえます。 お陰様でうちの店は […]