丸善の洋書のDMに「木馬の作り方と修理」というイギリスの本があり、早速取り寄せました。5種類くらいの木馬の図面が載っていて、サイズを縮小して作ってみました。写真の木馬は二頭目で、初めて作ったものは胴が長すぎてバランスが悪く失敗でした。木馬作りで一番大変なのは、たてがみとしっぽを埋め込むことです。フルサイズの木馬はドリルで穴を開け、厚い皮で毛を埋め込むのですが、縮小しているので爪楊枝で打ち込みました。三頭目はただいま制作中ですがなかなか進んでいません。