今朝の朝礼は久々に辛口でした。一月の店全体の成績は昨年対比100パーセントを維持できたのですが、部門によっては昨年の実績を割ったところもあります。努力しても結果が出せないのは、まだまだ努力がたりないからで、言われたことすら出来ていない、あるいは言われたことしか出来ていないから。創意と工夫が大切なんです。どうすればお客様に役立てるか、喜んで頂けるかを自分なりに考え、自分なりの切り口で仕事をして行けるかどうかが、成果が出せる分かれ目になると思います。実際、そのような努力を実行している部門は120パーセント以上もの成績をあげています。うちは若い人が多いので、まだまだ未熟な部分が多いのですが、みんな私の話を真剣に受け止めた模様でした。たまにはまともな朝礼もしています。

 

アベルの「社長がまたやりよった!」コーナー
社長が月に一度、みんな変装して仕事をしようと言い出しました。もちろん全員ブーイング。ちなみに社長は渡世人か、キリギリスの着ぐるみでバイオリンを弾きたいらしいです。