今日、注文していた「ウツボの干物」が届き、早速焼いて試食しました。ウツボは海のギャングと言われ、岩場に潜み近づいた獲物を鋭い歯で攻撃するどう猛な魚で、そのグロテスクな姿からも嫌われている魚です。でも旨い魚なんですよ。

三重や和歌山、高知などでは普通に食べられています。三重や和歌山では一夜干しにしたものを、小骨が多いため細かく刻んで唐揚げや甘露煮にすることが多く、高知では刺身やたたきにします。高知に行ったら必ずウツボを食べますが、小骨の処理はどうしているのか、まったく歯に当たりません。きっと丁寧に取っているのでしょう。ウツボは白身の魚で、皮と身の間にゼラチン質が多く、ここがたまりません。

今日届いたものも高知産で、三枚におろし一夜干しにしたものが一匹分、2センチくらいに刻んでありました。網で焼くと、思った以上に油が出ます。皮の方を出来るだけこんがりと焼き、すぐに口に運びます。少し塩が利きすぎていましたが、やはりウツボは旨い。癖もなく、上品な味です。しかし、やはり小骨が・・・。ウツボの刺身は、ふぐを越えると聞いていますので、チャンスがあれば必ず食うぞ!